債務整理

債務整理

「借金がかさみ、返済できなくなってしまった・・・。」
お金の借入れでお悩みの時は、当事務所までご相談ください。
お客様に最適な解決方法をご提案し、お悩みが解決できるよう、サポートいたします。


解決の方法


弁護士が介入して個人の借金問題を解決する場合、大きく分けて次の3つの手段があります。

1 任意整理
弁護士がお客様の代わりに、債権者と減額や支払い猶予の交渉をします。
任意整理は、裁判所を通さないので、手続きが簡単ですが、再生や破産手続きと比べて借金の減額率が高くありません。
返済の見込みがたたなかったり、債権者との交渉が難しいときは、再生や破産手続を考えることになります。

2 個人再生
裁判所を通して、お客様の借金の減額を認めてもらい、計画に従って分割返済する手続きです。
一般的には、おおよそ5分の1まで借金が減額され、3~5年かけて返済していきます。
破産と違い、住宅を手放さずにすむ場合があり、資格制限もありません。

3 自己破産
任意整理や個人再生でも借金が返済しきれないような場合は、自己破産を選択することになります。
裁判所から免責許可決定が得られると、その借金の返済を返済する必要がなくなります。
もっとも、原則として住宅といった不動産は手放さなければならず、一定の職業に就けなくなるといった資格制限があります。

裁判所を利用する個人再生や自己破産は、条件が細かに定められています。 当事務所は、お客様の状況について、詳しくお聞きしながら、最善の方法を検討し、ご提案いたします。