不動産問題

不動産問題

土地・建物といった不動産は、高価かつ人の活動の本拠となる重要なもので、一たび問題が生じると深刻なものとなります。
不動産には多様な法的権利が存在し、手続きも複雑です。法的知識がないまま放置しておくと、大切な権利を失いかねません。
当事務所では、不動産に関する様々なトラブルを解決し、お客様が円満に生活を送ることができますようサポートいたします。


不動産問題の例



1 不動産売買取引

不動産売買取引には、立ち退き問題や、瑕疵の問題などがしばしば発生します。
そうした問題の発生予防のため、事前に物件・契約書チェックをしっかり行う必要がありますし、一たびトラブルとなった場合、迅速に法的処置をしないと被害が拡大してしまいます。


2 不動産賃貸借

賃料不払い・敷金・修繕費の争い等、不動産賃貸借はトラブルが発生しやすい類型です。
特に賃借人は借地借家法・消費者契約法で保護されており、解決には正しい法知識が不可欠となっています。


3 近隣関係

境界争い、日照、騒音、私道に関する問題など、近隣関係も重大なトラブルに発展してしまいます。
近隣関係は対立が深刻となり、紛争が長期間に及ぶこともあります。

当事務所では、上記のような不動産問題を適切に解決できますよう、お客様をサポートしてまいります。
不動産問題は深刻な問題に発展するケースが多いので、まずは当事務所にご相談ください。